ファーウェイからPayPayに ホークス帽子が刷新、ドームも現金レス化

ビールの売り子もPayPay

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年01月29日, 午後 07:00 in paypay
0シェア
FacebookTwitter
engadget
スマホ決済のPayPayは1月29日、福岡ソフトバンクホークスと2019年度チームスポンサー契約を締結。ホークスの選手がかぶるPayPayのロゴ入りキャップを披露しました。

昨年度まではファーウェイがチームスポンサー契約を締結しており、ホークスのキャップにはファーウェイロゴが描かれていました。今年度はこれがPayPayに置き換わった形です。


▲昨年度まではファーウェイロゴがキャップに描かれていた

なお、ヤフオクドームではオープン戦が始まる3月2日から、ドーム内のショップの飲食とグッズ販売、スタンド内飲料販売(売り子販売)、ワゴン販売、スーパーボックス、チケット売り場において、スマホ決済のPayPayを導入。ヤフオクドームのキャッシュレス化を推進するとしています。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: baseball, cashless, hawks, huawei, internet, payment, paypay, softbank, softbankhawks
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents