Engadget
シャープは2月1日に開業する「変なホテル大阪 心斎橋」に、コミュニケーションロボット「RoBoHoN」(ロボホン)20体を納入しました。


変なホテルは「ロボットが働くホテル」というコンセプトの施設で、H.I.S.ホテルホールディングスが運営しています。変なホテル大阪 心斎橋にはロボホン専用のステージがホテルのロビーに常設され、朝7時から夜11時までの毎正時に、19体のロボホンが一斉に踊る迫力あるパフォーマンスを披露します。


ステージの後方では、 LED光源つきの羽根を高速回転させることで表示が可能な3D映像投影装置「3D Phantom 」がロボホンの動きと連動して桜吹雪や扇子など日本らしさあふれる3D映像を空間に映し出すそうです。


残り1体はフロントデスクに館内案内用として常設されます。宿泊客がロボホンに接続されたタブレット端末で、設備やサービスなどに関する各種案内メニューから詳しく知りたい項目を選択すると、ロボホンが音声で案内します。言語は日本語、英語、中国語、韓国語に対応します。