「QUOカード」がスマホで再出発──電子ギフトカード「QUOカードPay」登場

現金との併用も可能

Rintaro Kaneko
Rintaro Kaneko
2019年01月31日, 午後 12:00 in android
0シェア
engadget

全国共通のプリペイドカード「QUOカード」を発行しているクオカードは、3月14日(木)から、スマホで使えるデジタルギフト「クオ・カード ペイ(QUOカードPay)」の販売を開始します。

「QUOカードPay」は、スマホアプリを必要とせず、ブラウザで完結するデジタルギフトです。

購入者は専用のECサイトから会員登録を済ませ、額面や枚数・カードのデザインを選択します。購入金額は50円から10万円まで1円単位で設定可能できます。

その後、運営側のクオで入金の確認が取れ次第、1営業日以内にギフト用デジタルコード(URL)が発行されます。発行されたURLをメールやLINEなどに添付して送信すれば、友人などに贈れます。

QUOPAY image

なお、サービス開始当初は全国の「ローソン」「ナチュラルローソン」「ローソンストア100」などの全店で利用可能。対応店舗は順次拡大します。

QUOPAY image

受け取った側(利用者)は、贈呈者から受け取ったメッセージに記載されているURLをWebブラウザで開くことで支払いなどに利用可能。ブラウザ上に表示されるQRコードやバーコードをレジに提示することで、プリペイド残高の範囲内で決済できます。従来の物理カードと同様に現金との併用も可能です。

このように、基本的にはブラウザで完結しますが、アプリ版の提供も予定します。

「QUOカードPay」は、スマホが広く普及し、デジタル化されたライフスタイルへと移行していく中で、利用者からの要望に応える形で開発したとしています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, app, chrome, GoogleChrome, ios, qe, qr, qr code, QrCode, quo, quopay, safari, smartphone
0シェア