engadget
大日本印刷とJCBは2月4日、スマートフォンを使ったQR / バーコード決済プラットフォームを共同開発すると発表しました。

同プラットフォームは、「〜Pay」のような一般消費者向けサービスではなく、各事業者のキャッシュレスサービス導入を支援するもの。また、QR/バーコード決済の標準化も推進するといいます。

具体的には、プリペイドやクレジット、デビットカードなど、幅広い決済手段に紐づけたQR/バーコード決済が可能になるほか、銀行口座と連結したプリペイドカードへのチャージ(入金)が可能。さらに、一般社団法人キャッシュレス推進協議会公表の統一仕様に準拠した統一QR・バーコードを発行するといいます。

第一弾として、プリペイドカードのスキームをベースにした統一技術仕様QR / バーコード決済サービスおよび銀行口座からのチャージを2019年夏頃に開始予定。大日本印刷はJCBと連携のうえ、金融機関や小売・小売業などに本サービスを提供し、国内におけるスマホ決済の普及を支援するとしています。

(見出し画像はWeChat Pay利用時のもの)