マイクロソフト「HoloLens 2」ティーザー動画公開。2月24日にプレス向けイベント

MWC 2019

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年02月12日, 午前 06:50 in augmentedreality
0シェア
FacebookTwitter
microsoft
マイクロソフトのAI、複合現実プロジェクトフェローのアレックス・キップマン氏が、ARヘッドセット「HoloLens 2」と目されるティーザー動画を公開しました。マイクロソフトはモバイル機器見本市MWC 2019の直前、2月24日にプレスイベントを開催すると発表しています。
公開された動画は、プロセッサーらしきチップから、カーボンファイバーを想起させる素材が何かを形作っていく映像になっています。しかし最後までその外観は姿を表さずに終わってしまいます。

これまでのHoloLens 2の手がかりといえば、クアルコムのXR1プラットフォームを採用するという話が2018年夏に持ち上がりました。また最近ではクアルコムSnapdragon 850プロセッサーの採用を示す情報も出てきています。

期待される改善点としては視野角の拡大と装着感を左右する重さがどれだけ軽くなっているかなどがあげられます。視野角の拡大はより拡張現実空間をより自然に見せるはずであり、またカーボン素材を使った軽量化は装着感や長時間使用への対応に影響します。さらには、バッテリー駆動時間の改善も望まれます。

一方で、33万8000円という一般人では手を出しにくい価格がどこまで降りてくるのかも気になります。HoloLensは産業やビジネスの現場での利用が想定されることが多く、業務用と割り切るならば価格はあまり期待できないかもしれません。ただし、より日常生活に関わるARの活用提案が用意されるのなら、人々が使いたいと思うガジェットに変貌している可能性もありそうです。

MWC 2019は2月25~28日の期間でスペイン・バルセロナにて開催されます。HoloLens 2発表が期待されるマイクロソフトのプレスイベントは開幕前日の2月24日に予定されています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: augmentedreality, gear, headset, hololens, hololens2, microsoft, mixedreality, mwc2019, personal computing, personalcomputing, video, virtualreality, Wearables, windowsholographic
0シェア
FacebookTwitter