iPhone版Twitter、タイムラインから離れずプロフィール確認を可能に。一部ユーザーでテスト中

Web版のポップアップ表示的な動作です

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年02月14日, 午後 06:10 in twitter
0シェア
FacebookTwitter
Twitter
iOS版Twitterで、タイムラインを離れることなくアカウントのプロフィールを確認できる機能のテストが開始されました。といってもすべての人が対象ではなく、いつものように初期段階では一部のユーザーにのみ展開されているようです。

Twitterでスレッドを追っているとき、参加しているアカウントがどういった人なのかを確認したくなることがあるのではと思います。しかしこうした時、従来のモバイルアプリでは、アカウント名をタップし、そのアカウントのホーム画面に遷移しなければ確認できませんでした。

今回iOS版で始まったテストでは、タイトル画面のように対象アカウントのプロフィールが重ね合わせ表示されるため、タイムラインやスレッドから離れることなく確認ができ、そこからフォローなども可能になります。Web版のTwitterではアカウント名にカーソルを合わせるとプロフィールが表示されますが、それと同じような機能になります。
Twitter側の言としては、アカウントの背後にいる人がどういった人物なのか、ボットではないのかなどを把握しやすくするのが目的とのこと。

これが正式に実装されれば、「スレッドを追っていたはずが、参加している人が気になってアカウント名をタップ。その人のタイムラインを見始めてしまい元のスレッドに戻れなくなった」なんて事故が防げるようになるかもしれません。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: app, gear, internet, ios, ipad, iphone, mobile, socialnetwork, socialnetworking, test, twitter
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents