10型画面で薄さ5.1mm、400g。激薄軽量タブレットGalaxy Tab S5eをサムスンが発表、Bixbyにも対応

iPad Proの5.9mmよりも薄いです

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年02月17日, 午前 10:00 in galaxy
0シェア
Samsung Galaxy S5e
韓国サムスンが、新型タブレット「Galaxy Tab S5e」を発表しました。極めて、と言って良いほど薄く軽量な本体、そしてAIアシスタント「Bixby」の搭載が特徴となっています。

10インチサイズのGalaxy Tab S5eは本体厚さが5.1mm、重量わずか400gで、サムスンによれば最も薄く軽量なタブレットとのこと。また「Bixby 2.0」を搭載することで、音声によるサムスン製品やスマートホーム製品「SmartThings」のコントロールが可能です。

搭載プロセッサはクアルコムのSnapdragon 670で、有機ELディスプレイの解像度は2560×1600ドット。OSはAndroid 9 Pieで、バッテリー容量は7040mAhとなっており、14.5時間の動作が可能です。オーディオには力が入っており、4基のAKGチューンスピーカーを本体に搭載します。スタイラスによる入力には対応しませんが、キーボードカバーは150ドル(約1万7000円)のオプションとして用意されています。

また、スマートフォンに届いた通話やテキストを本機で受けたり、返信できる「Call & Message Continuity」機能を搭載。また、タブレットをデスクトップ風のウィンドウインターフェイスで使える「DeX機能」にも対応しています。

Samsung Galaxy S5e

Galaxy Tab S5eの価格は400ドル(約4万4000円)で、Wi-Fiモデルは2019年第2四半期(4月〜6月)に出荷予定。LTE接続のキャリアモデルは2019年中に販売予定となっています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: android, galaxy, galaxytab, galaxytabs5e, Samsung
0シェア