2月17日のできごとは「CF-XZ6 発売」「K63 Wireless 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年02月17日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

2月17日のおもなできごと

2016年、ドコモが「Wi-Fi STATION N-01H」を発売
2017年、パナソニックが「CF-XZ6」を発売
2017年、UQコミュニケーションズが「Speed Wi-Fi NEXT W04」を発売
2018年、Corsairが「K63 Wireless」を発売today

2017年:レッツノート初となるUSB Type-Cを搭載した分離型2in1「CF-XZ6」

today
軽量堅牢モバイルの代表格といえばレッツノートシリーズ。このシリーズに分離型2in1となる「CF-XZ6」が登場しました。このXZもシリーズ共通の特長となる軽さを継承しており、タブレット単体で約550g、合体時でも約1019gを実現しています。

軽いと性能が低いと思われがちですが、CPUはCore i5-7200Uを採用。下位モデルではSSDが128GBというのがちょっと気になるところですが、メモリーは8GBと十分で、しっかりとした性能で使えることがわかります。それでいてバッテリー駆動時間は約4.5時間ありますから、軽いだけじゃありませんね。

なお、キーボードベース側にもバッテリーが搭載されているので、合体時は約9時間駆動が可能。大容量バッテリーを使えば約15時間まで延長できます。さらにいえば、合体時は他のレッツノートシリーズと同等のインターフェースが確保されています。もちろん、有線LANやD-Sub15ピンも標準装備。

ちなみにXZは現行シリーズですが、登場時から大きくスペックは変わっておらず、12インチ液晶(2160×1440ドット)、Core i5-7200U、8GB メモリーというのは共通。SSDは底上げされ、256GBモデルだけになりました。

2018年:テンキーレスのコンパクトタイプでメカニカルスイッチを採用。しかもワイヤレスにも対応!「K63 Wireless」

today
PCパーツやゲーミングデバイスで知られているCorsairが、ゲーミングキーボード「K63 Wireless」を発売しました。このキーボードの特長はかなり多いのですが、簡単に列挙していくと、Bluetoothと独自方式のワイヤレス接続に対応、USB接続も対応、テンキーレス、メカニカルスイッチ採用(Cherry MX赤軸)、イルミネーション機能搭載、マクロ機能、1msの低遅延といったもの。

ゲーミングデバイスでは遅延を嫌い、ワイヤレスのものは敬遠されがちですが、1msと遅延を小さくしていることから、ゲーミング用途でもしっかりと使えることがアピールされていました。もちろんUSBによる有線接続にも対応していますから、普段はワイヤレスで使い、ゲームをするときだけUSB接続にする、といった使い方もできます。

ゲーム用途以外でも軽快に使えそうなだけに、しっかりとしたキーボードが欲しい人には気になる存在といえるでしょう。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: corsair, letsnote, letsnote xz, tablet, today, wireless keyboard
0シェア
FacebookTwitter