mineoのiPhone SE、実は新品だった

Apple Careも対象となっています

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年02月19日, 午後 02:45 in iphone
0シェア
FacebookTwitter

ケイ・オプティコムは、MVNO「mineo」で2月19日に発売するiPhone SEについて、「新品だった」と訂正しました。

mineoは2月18日に事業戦略説明会を実施し、「iPhone SEの発売」を予告しました。記者からその製品の出自を問われた際に、mineo事業責任者の上田晃穂氏は「カナダモデルのCPO品(メーカー認定整備済品)」と答えていますが、その発言が訂正された格好です。
21日に発売されるiPhone SEは、海外版(カナダ版)の新品で、ストレージ容量は16GB。なお、カラーはローズゴールドのみ、数百台限定での販売予定となっています。価格は3万600円(税別)です。

製品保証についてケイ・オプティコムの広報は「新品であるため、メーカー(Apple)による正規保証『Apple Care』の対象となる」と説明しています。

上田氏が「CPO品」と答えた経緯については「弊社では、機種は多くありませんが、新品やCPO品のiPhoneを複数機種販売していることもあり、誤認により単純に誤った言及をしてしまった次第です。大変申し訳ございませんでした」とコメントしています。

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, iphone, iphonese, mineo, smartphone, smartphones
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents