SFドラマ『高い城の男』最終シーズン予告編公開。Amazonプライム・ビデオはさらにディック作品製作へ

今秋配信予定

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年02月20日, 午前 09:50 in AV
0シェア
FacebookTwitter
amazon prime videos
Amazonプライム・ビデオが、第二次世界大戦がドイツと日本の勝利で終わった世界を舞台とするドラマ『高い城の男』シーズン4の予告映像を公開しました。配信開始は2019年秋ごろの予定。詳細はまだ不明ながら、映像にはシーズン3までのレジスタンス勢力が大ナチス帝国および日本太平洋合衆国の協力者とともに反乱に立ち上がるようすが描かれています。
2015年にスタートした『高い城の男』はAmazonプライム・ビデオのオリジナルドラマとして高い人気を誇ります。いまやAmazonオリジナルのドラマもベネディクト・カンバーバッチといった高い知名度を誇る俳優を起用するようになりつつありますが、『高い城の男』やエミー賞を獲得した『マーベラス・ミセス・名セル』のような作品の成功が、プライム・ビデオの成長を支えてきたと言って良さそうです。
『高い城の男』はシーズン4が最終となるため、ここまで見続けてきた人にとっては注目のシーズンになることは間違いありません。またこのドラマで初めてこの作品を知った人も、たとえば原作を読んでみることで、また異なる本来の『高い城の男』を楽しめるはずです。

『エレクトリック・ドリームズ』、『高い城の男』とフィリップ・K・ディック作品を取り上げてきたAmazon Studiosは、ディックの娘イサ・ディック・ハケットおよびディックの作品管理会社Shepherd Productionsとともに、今後も作品を製作していくことを明らかにしました。

フィリップ・K・ディックのファン、SFファンはいまからでもAmazonプライム・ビデオに加入しておくのが良さそうです。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: amazon, AV, entertainment, internet, PhilipKDick, services, video
0シェア
FacebookTwitter