サムスンのスマスピ「Galaxy Home」は4月までに発売へ。Echo対抗のBixby搭載機

そういえば、まだ未発売でした

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
0シェア
FacebookTwitter

Galaxy Home

韓国サムスンでCEOを務めるDJ Koh氏は海外メディアのCNETに対し、自社のスマートスピーカー「Galaxy Home」を今年4月までに発売すると伝えています。

2018年8月に「Galaxy Note9」の発表イベントにて披露された、Galaxy Home。米アップルの「HomePod」やグーグルの「Google Home」、アマゾンの「Echoシリーズ」に対抗すべく登場した、Galaxy Home。その特徴は6基のスピーカーを搭載しAKGがチューンを担当した、リッチな音楽再生機能にあります。また、宇宙船のように3本の脚で立つ姿も、高級感を醸し出しています。

しかし発表後、Galaxy Homeは長らく表舞台に立つことはありませんでした。また2019年1月に開催されたCESでは実際に動作する製品が披露されたのですが、その機能は制限されたままでした。その理由の一つとして、搭載されるAIアシスタント「Bixby」の完成度が、アマゾンの「Alexa」やグーグルの「Google アシスタント」に引けを取ってることもあげられそうです。

さらに、現在スマートスピーカー市場はEchoシリーズが大きなシェアを占めており、また高級志向の製品でもHomePodやSonosのスマートスピーカーなど、強力なライバルが存在します。そのため、後発となるGalaxy Homeは発売後も苦しい戦いを強いられそうです。

記事執筆時点では、Galaxy Homeの価格や投入地域は発表されていません。まずは、Galaxy Homeがどれだけの音質を実現しているのかを体験してみたいものです。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: av, galaxy, Samsung, smartspeaker
0シェア
FacebookTwitter