2月24日のできごとは「TORQUE X01 発売」「GRANBEAT 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年02月24日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

2月24日のおもなできごと

2007年、ソニーがテレビサイドPC「VGX-TP1」を発売
2012年、パナソニックが「Let'snote SX1」を発売
2017年、オンキヨーがハイレゾスマホ「GRANBEAT」(DP-CMX1)を発売
2017年、auが登山ケータイ「TORQUE X01」を発売today

2017年:スピーカーからクマ鈴もならせる登山特化のタフネスケータイ「TORQUE X01」

today
1.8m落下に耐える耐衝撃性を含む18の項目をクリアしたタフネスケータイが「TORQUE X01」。ハードキーを備えた折り畳み式のフィーチャーフォンで、OSにAndroidを採用していますがGoogle Playはなく、任意のアプリ追加はできないというモデルです。

登山向けの機能が充実しており、天気、気圧、温度、高度、歩行距離、消費カロリーといったアウトドアで役立つ8種類の情報を取得できるほか、内蔵スピーカーから時刻、電池残量、気温、気圧、高度、圏内・圏外通知といった情報を音声で教えてくれる機能を搭載。操作することなく、欲しい情報を伝えてくれるというのがメリットです。

ユニークなのがクマ鈴機能。これは、スピーカーからクマ鈴のような音を鳴らせるもので、登山中に使うことでクマを寄せ付けなくしてくれるもの。ブザーやホイッスルといった音も鳴らせるので、もしもの場合でも助けを呼びやすくなりそうですね。

2017年:オンキヨーのDAPに比肩するオーディオ機能を備えた本格ハイレゾスマホ「GRANBEAT」(DP-CMX1)

today
音響機器メーカーらしさのあるハイレゾ対応スマホが「GRANBEAT」(DP-CMX1)。DACに「ES9018K2M」、アンプに「SABRE 9601K」をそれぞれ2基搭載しているうえ、オーディオ基板はスマホ側と完全に分割、さらに徹底したノイズ対策、バランス出力などにより、「スマートフォン史上最高の音質」を自称するのも納得の音質を実現しています。

構成や特長を見る限り、Android搭載の同社製デジタルオーディオプレーヤー(DAP)「DP-X1A」とほぼ同じことからも、その実力の高さがうかがえます。対応する音楽形式は、WAV、FLAC、AIFF、ALAC、MQAなど。DSDも11.2MHzまで対応し、USB DACを使うことでDSDネイティブ再生も可能です。

肝心のスマホとしての性能ですが、SoCにSnapdragon 650、3GB RAM、128GB ストレージ、5インチ液晶(1920×1080ドット)といったスペック。ミドルレンジとなる性能ですが、普段使いであれば十分な性能を持っていました。

音楽好きな人はもちろんですが、どれもこれも個性の少ないスマホばかりと嘆いていた人にとって、かなり面白いモデルに感じたのではないでしょうか。ちなみに今でも売られている現行モデルです。発売から2年。DAPとしての魅力は色あせないままですが、スマホとしてはそろそろ後継機が気になってくる頃ですが......どうなるでしょうか。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: granbeat, kyocera, onkyo, today, torque, torque x01
0シェア
FacebookTwitter