3月5日のできごとは「PEN Lite E-PL1 発売」「SR-64HXA 発売」ほか:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
今日は何の日?
2019年03月5日, 午前 05:30 in today
0シェア
FacebookTwitter

3月5日のおもなできごと

1998年、東芝が「Libretto 100」を発売
2009年、ウィルコムが「どこでもWi-Fi」を発売
2010年、オリンパスが「PEN Lite E-PL1」を発売
2015年、ソニーが音楽向けmicroSDXC「SR-64HXA」を発売today

2010年:マイクロフォーサーズのPENシリーズにエントリーモデルが登場「PEN Lite E-PL1」

today
E-P1、E-P2に続く、3機種目となるオリンパスのマイクロフォーサーズ機が「PEN Lite E-PL1」。名前にLiteとあることから予想できる通り、低価格なエントリーモデルとなるものです。とはいえ機能や性能面では妥協がなく、外付けのEVFも使えるといった充実ぶりでした。

最大の特長ともいえるのが、新ユーザーインターフェース「ライブガイド」の採用。写真の明るさや色合い、ボケ具合などを直感的に操作できるようにし、カメラに不慣れな人でも使いやすくなっていました。また6種類の「アートフィルター」を搭載していたので、簡単に加工写真が撮影できるというのも面白いです。

なお、ダブルズームキットに同梱されていた望遠ズームレンズはフォーサーズ規格で、これにマウントアダプターが付属するという形式でした。同年12月発売の「E-PL1s」では本体はほぼそのままにレンズ構成が変わり、標準ズームレンズが軽量化されたほか、望遠ズームレンズもマイクロフォーサーズ規格となりました。

2015年:ソニーが高音質再生のためのmicroSDカードを発売「SR-64HXA」

today
音楽向けのmicroSDカードをソニーが出したということで、一部がざわついた製品が「SR-64HXA」。microSDカード内で発生する微弱な電気的ノイズによる音質劣化を防ぐため、カード内部のパーツ構成をノイズの少ないものへと変更。転送速度よりも電気信号の安定性を優先することで、高音質再生を可能にしているとのことでした。

音響関係はオカルトめいたものも多いだけに、効果を疑問視する人も多くいました。とはいえ、ノイズの周波数解析データが提示されていますし、ノイズが少ないというのは事実でしょう。

高周波成分が潰れ、音としては劣化していても、「温かみがある音」とほめる人もいます。音の評価は主観になり、個人の好みが強く出ますから、最終的には自分の耳で確かめるしかありません。電気的ノイズが少ないから音質がいいとなるかはわかりませんが、少なくとも、IPアドレスで音質が変わるという話よりは説得力があります。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: microfourthirds, Olympus, olympus pen, PEN E-PL1, sony, sr-64hxa, today
0シェア
FacebookTwitter