『新元号公表までにすべきこと』マイクロソフトが特設サイト公開

施行は5月

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年03月4日, 午後 04:30 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter
Earns Microsoft
日本マイクロソフトは3月4日、4月1日に迫った「新元号の公表」に向けて、情報システムの管理者が何をすればいいか対応策をまとめた特設サイトをオープンしました。

特設サイトでは「新元号が公表されるまでに行っていただきたいこと」「新元号が公表された後に行っていただきたいこと」などを紹介。

また、新元号対応において特に注意すべき事例として「日付フォーマット変換 (例: 平成 31 年 10 月 1 日を許容するか否か)」「新元号を一文字で記した合字 (例: ㍽ ㍼ ㍻) の追加 (新フォントの展開、新合字の文字コード、正規化のルール 例: 平成は㍻と同じ など)」「元年という表記とそのデータが及ぼす影響」などを挙げています。

新元号は4月1日に発表され、5月1日に施行予定。詳細は特設サイトをご覧ください。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: excel, japan, microsoft, office, Office365, powerpoint, word
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents