15.6型で1kg切りの「Swift 5」 エイサーが新型ノートPC発売

軽さを追求する理由とは

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年03月5日, 午後 05:10 in laptop
0シェア
FacebookTwitter
acer Swift 5

日本エイサーは、薄型軽量ノート「Swift 5」シリーズに、重量990gの15.6型モデルを追加し、19日より発売します。

Swift 5シリーズのラインナップは次のとおりです。
15.6型モデルは「SF515-51T-H58Y/BF」「SF515-51T-H58Y/B」
14型モデルは「SF514-53T-H58Y/BF」「SF514-53T-H58Y/B」

Swift 5はこれまで14型のみが日本国内で販売されてきましたが、遂に15.6型が仲間入りしました。本体にマグネシウム合金を採用し、堅牢性を維持しつつも、重さは1kgを切る重量は990gと軽量性を実現。

acer Swift 5▲指紋センサーも搭載

15.6型の液晶ディスプレイを搭載した「SF515-51T-H58Y/BF」は、OSがWindows 10 Home、CPUはCore i5-8265U(1.6GHz)、メモリは8GB、SSDが512GBとなります。画面解像度は1920×1080ドットで、タッチパネルにも対応します。Office Home & Business 2019を標準搭載し、店頭予想価格は税別17万円前後となる見込みです。

「SF515-51T-H58Y/B」は上記スペックは同じで、Officeのみ非搭載です。こちらの店頭予想価格は税別15万円前後となる見込みです。

14型モデルのスペックは、画面サイズ以外は15.6型とほぼ同じです。Office Home & Business 2019を搭載する「SF514-53T-H58Y/BF」の店頭予想価格は税別16万5000円前後。

Office非搭載の「SF514-53T-H58Y/B」は税別14万5000円前後となる見込みです。

エイサー担当者は、軽量PCを発売する理由について「日本のPC買い替えサイクルは6年と長期化している」と述べ、6年前のPCは光学ドライブやHDDを搭載するなど、分厚くて重い製品がほとんどだったと説明。

そうした製品を使っているユーザーに、15型で1kgを切る軽量さをアピールしたい考えを示しました。また、まもなくWindows 7のサポートが切れるため、その買い替え特需にも期待しているそうです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: acer, laptop, microsoft, notebook, notepc, office, pc, Swift, swift5, windows, windows10, Windows7
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents