engadget
JAXAは3月5日、小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」にタッチダウン(着地してすぐ離脱)した瞬間の映像を初公開しました。

「はやぶさ2」は2月22日7時29分に「リュウグウ」に着陸。太陽系形成初期の性質をそのまま残しているとされる「リュウグウ」の岩石採取を試みています。この岩石を分析することで「地球の水はどこからやってきたのか」「生命を構成する有機物の起源はどこか」など、太陽系の謎の解明に近づくことが期待されています。



公開された映像を見ると、はやぶさ2は真っすぐリュウグウに降下していき、着地したのは一瞬。その後すぐに急上昇しています。また、着地時に試料採取用の弾丸を打ち込んだことから、地表の岩石が舞い上がっている様子がわかります。JAXAによると、3億km彼方にあるリュウグウ上の着陸予定地は、わずか半径3m。これを今回は中心点から1mの誤差で着地したということです。

はやぶさ2は2020年末に地球に帰還予定。なお、試料を採取できているか否かは地球から観測する手段がなく、帰還後直接確認するしかないそうです。