iPhoneやiPadでPS4リモートプレイが可能に!「システムソフトウェアv6.50」リリース

PS4 Remote Playアプリをインストール

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年03月7日, 午後 11:00 in Gaming
0シェア
FacebookTwitter
SIE
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、プレイステーション4のシステムソフトウェアv6.50をリリースしました。新機能として、iPhoneやiPadなどのiOSデバイスを使用してのリモートプレイが可能になっています。
PS4リモートプレイとは、プレイステーション4のゲームを直接接続しているテレビでなく、PCやXperiaスマートフォンもしくはタブレット、PS Vitaなどで遊べる用にする機能。使うにはPlayStation Networkに登録している必要があります。

新たに対応したiOSデバイスでは、iOS 12.1以降のiPhoneやiPadに「PS4 Remote Play」アプリをインストールすることでこの機能を楽しめるようになります。推奨機種はiPhone 7以降、第6世代以降のiPad、第2世代)以降のiPad Pro。

ゲームをプレイするに当たっては専用のDUALSHOCK4コントローラーは使えず、画面に表示されるコントローラーのボタンを使う必要があります。またiPhoneやiPadが備えるマイクでボイスチャットが可能、ソフトウェアキーボードによる文字入力もできるなど便利なところも。
SIE

なお、この機能は家庭のWiFi環境で動作し、外出先などモバイル通信経由でのプレイには対応しません。またSIEによると、この機能を使っても一部の画面は表示できない場合があるとのこと。

sie

プレイステーション4のシステムソフトウェアV6.50では、このほかニコニコ生放送を利用したゲームプレイのブロードキャスト(配信)時に、画質設定で720pを選択可能になりました。また、「決定」操作に割り当てられているボタンを、設定により〇ボタンから×ボタンに変更できるようになったとのこと。こちらはソフトタイトルによっては反映されない場合もあるのでご注意を。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Apps, Gaming, Network, playstation 4, Playstation4, remote play, RemotePlay
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents