iPhone XS / XRの『花粉症問題』 マスク姿で顔認証使えず… 対策は?

辛抱はつづく…

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年03月11日, 午後 04:15 in smartphone
0シェア
FacebookTwitter
engadget
今年もやってきたスギ花粉シーズン。最近はじめてX世代のiPhone(iPhone XS / XR)に乗り換えたユーザーの中には「マスクをすると顔認証(Face ID)が反応しない」とお困りの方もいるでしょう。

iPhone XS / XRは指紋認証を搭載しておらず、生体認証はFace IDのみ。これが塞がれると、面倒なパスコードでロック解除するしかありません。筆者はマスクを下にずらして顔認証しているのですが、毎回となると結構面倒。皆さんはどんな対策をしているのか、思いついた対処法を並べ、Engadget読者を対象にアンケートを実施しました。


1位は予想通り「パスコードで代用」でした。6桁程度であれば、サクッと入力してしまった楽なのかもしれません。

その他を除いた2位は「マスク姿を機械学習させる」でした。Face IDには浮腫や加齢など、ユーザーの顔の変化に追従する機能が備わっています。具体的には、マスク姿で顔認証に失敗した直後に、正確なパスワードを入力してロックを解除するという動作を繰り返すと、いずれマスク姿を正しい顔として学習するというわけです。

筆者はマスク姿の学習に成功していないのですが、編集部内には学習に成功したというスタッフもいます。

続く3位は「認証時だけマスクを下にずらす」でした。Face IDはマスクをしていても、鼻の穴が見えるように下にずらせば、問題なくロックを解除できます。ただ、片手がふさがっている時などは、ずらせず困る場合があります。

なお「その他」と回答したユーザーも多くいました。その理由を尋ねると『歌を歌っているため、年中マスクマン。そのため基本的にノーロックです』という方や『マスクによっても種類によってはFace IDが普通に通る』などの回答もありました。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: faceid, iphone, iphone xr, iphone xs, mobile, smartphone
0シェア
FacebookTwitter