Wear OS向けのGoogle Fitがアップデートで省電力GPSモードを搭載へ

現在、TicWatch Proでのみ利用可能らしい

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年03月15日, 午前 11:00 in wearables
0シェア
FacebookTwitter
TicWatch Pro
スマートウォッチの弱点と言えば、バッテリー持ちの悪さが真っ先に思い浮かびます。実際のところ、Wear OS搭載機では丸1日以上持てば長持ちといった印象です。

そんなWear OSに対しGoogleは、バッテリーを長持ちさせるため、フィットネスアプリのGoogle Fitをアップデート。省電力GPSモードを搭載したようです。

とはいえ、どのように動作するのかはGoogleから正式な発表がなく、詳細は不明。いまのところ利用できるのはMobvoiのTicWatch Proのみとなります。9to5Googleによると、モードの要件をサポートしているならば、どのWear OSパートナーでも利用できるとGoogleは語っているとのこと。ただし、肝心のモードの要件も不明です。



Google Fit利用時のGPS測位間隔を長めにするなどしているのではと考えられますが、やはり詳細は正式発表を待つ必要がありそうです。

残念ながら、筆者の手元にあるTicWatch Proには特にアップデートがなく、アカウント毎に順次アップデートを配信しているのかもしれません。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: battery, gear, google, Google Fit, GPS, Mobvoi, power, smartwatch, Ticwatch Pro, Wear OS, wearables
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents