ソフトバンク、Pixel 3の『1万800円値下げ』を4月2日で終了

おはやめに

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年03月18日, 午後 01:40 in mobile
0シェア
engadget
ソフトバンクは、4月2日をもってGoogle製スマートフォン「Pixel 3 / 3 XL」を1万800円値下げするハッピープライスキャンペーンの新規受付を終了します。

同キャンペーンは、2年契約(通話基本プラン・フリープラン)、およびハートフレンド割引に加入したユーザーを対象に、Pixel 3の機種代金から1万800円を割り引くもの。新規・MNP限定といった縛りはなく、すでに2年契約に加入していて、端末だけ乗り換える場合にも適用されます。

Google Pixel 3 / XLは日本では11月1日に発売されたスマホ。Google製のPixelシリーズとして初めて国内投入されたモデルです。スマホ決済などに利用できるFeliCaに対応するほか、AIを活用して暗視カメラのような明るい夜景を撮影できるカメラ機能を売りにします。
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

 

関連キーワード: ai, android, felica, google, mobile, pixel3, pixel3xl, softbank
0シェア

Sponsored Contents