速報:新 AirPods ついに発売。タップなしのヘイSiri対応、無線充電ケースは単品も用意

無線ケース入りで税別2万2800円。通常ケースなら1万7800円

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2019年03月20日, 午後 09:51 in airpods
0シェア
FacebookTwitter
AirPods

一昨日は新iPad、昨日はiMac更新と予告なしリリースを続けるアップルが、今日は左右独立ワイヤレスイヤホン AirPods の新モデルをいきなり発売しました。

名称は「AirPods」のまま、2016年発売の旧モデル(第一世代)と入れ替わります。外見はほとんどそのまま。



新 AirPods (第二世代) は新規設計のH1チップ採用により、本体をタップすることなく声だけでSiriを呼び出せるHey Siri常時待受けを実現します。

同時に、うわさのワイヤレス充電対応ケースも登場しました。iPhoneと同じQi規格対応で、汎用のQi無線充電パッドに載せるだけで充電できるようになります。

新AirPodsと無線充電ケースのセットは税別2万2800円。従来型充電ケースとセットの場合は1万7800円。旧型より1000円値上げです。

Qi無線充電ケースは旧型AirPodsでも利用可能。無線充電ケース単品の別売り8800円となっています。


H1チップ採用による改良点は、通話時間が本体満充電で約2時間から約3時間に伸びたこと。また機器へのBluetooth接続や切り替えに必要な時間が半分になりました。

音楽再生時間は第1世代から変わらず、本体の満充電で連続5時間、満充電のケースに戻して充電すれば計24時間以上。

再生時間は変わらないまま通話時間だけが1.5倍に伸びました(ケース併用で11時間から18時間へ)。

QÌワイヤレス充電対応ケースも、従来型の有線Lightning充電ケースも、AirPodsを充電できる回数 / 容量は同じ。サイズも同じですが、重量だけは38gから40gになりました。

ワイヤレス充電対応ケースも、非対応ケースと同じくLightningで有線充電に対応します。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: airpods, apple, earphone, headphones, qi, wirelesscharging
0シェア
FacebookTwitter