速報:アップル、定額ゲームサービスApple Arcade発表。100本以上の新作・独占作を遊び放題

ミストウォーカー、セガ、コナミ、著名インディー多数

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2019年03月26日, 午前 02:49 in apple
0シェア
FacebookTwitter


日本時間3月26日の「It's Showtime」イベントで、アップルがサブスクリプション制(定額制)のゲームサービス「Apple Arcade」を発表しました。

月々の定額支払いで、100作品以上の新作・独占作を広告なし・追加料金なし遊び放題になるサービス。対応デバイスはiPhone、iPad、Mac、Apple TV。ストリーミング型ではなく、オフラインでも遊べます。


アップルいわく、Apple ArcadeはモバイルからPC、テレビまでカバーする初のサブスクリプションゲームサービス。

対応タイトルでは、iPhoneで遊んでいた続きをApple TVなど、デバイスをシームレスにまたいだプレイも可能です。

追加料金無しでファミリーシェアにも対応。

目玉のひとつである独占オリジナルゲームについては、ファイナルファンタジーシリーズで知られる坂口博信やシムシティのウィル・ライト、iOSで人気を博したモニュメントバレーのKen Wongなど多くのゲーム開発者が参加します。




参加デベロッパーの例は、「Annapurna Interactive、Bossa Studios、カートゥーンネットワーク、Finji、Giant Squid、KleiEntertainment、コナミ、LEGO、株式会社ミストウォーカー、SEGA、Snowman、ustwogamesなど」

提供はこの秋。世界150以上の地域で提供します。価格は今後発表予定。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, applearcade, AppleEventSpring2019
0シェア
FacebookTwitter