サムスン「Galaxy Tab A 8.0 (2019)」 発表、S Pen対応のミッドレンジタブ

スタイラスが流行ってます

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年03月30日, 午後 06:00 in android
0シェア
FacebookTwitter
Samsung Galaxy Tab 8 (2019)

サムスン電子は新型タブレット「Galaxy Tab A 8.0(2019)」を発表しました。スタイラスペン「S Pen」の使用が可能な、ミッドレンジ市場向けの製品となっています。

Galaxy Tab A 8 (2019)はそのモデル名からもわかるように、8インチ(1920×1200ドット)のLCDディスプレイを搭載。Galaxy Note8のものと同じS Penが付属しています。

内部スペックとしては、プロセッサが8コアのExynos 7904でRAMは3GB、内蔵ストレージは32GB、背面カメラは800万画素で前面カメラは500万画素。microSDカードスロットは最大512GBまでのメディアに対応しています。

OSには Android 9 Pieを採用し、内蔵バッテリーは4200mAhで4G/Wi-Fi通信時に最大11時間の使用が可能。なお、本体に指紋認証ンサーは搭載されておらず、顔認証機能の有無についても言及もありません。

Galaxy Tab A 8 (2019)の本体カラーはグレーとブラックの2色。価格はまだ発表されていませんが、まずアジアやオセアニア、イギリスから販売が開始されます。
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, galaxy, Samsung, tablet
0シェア
FacebookTwitter