engadget
ロシア国有軍需企業アルマズ・アンティが、迎撃用ショットガンを搭載するドローンの特許を取得しました。このドローンは飛来する不審なドローンを打ち落とすことを目的としているとのこと。垂直離陸が可能な飛行機型ドローンで、ヴェープル12 オートマチックショットガンを搭載しています。このドローンはアルマズ・アンティのモスクワ航空研究所で開発され、パイプラインなどの設備点検や鉱山、農家向けに使われるドローンをベースとしています。そして鳥を撃ち落とすのに適しているという理由から拳銃やライフルでなくショットガン(散弾銃)を選択し、銃床とグリップ部分を省いて搭載しました。
%Vidible-5ca256e9b8bad324690f687f%オペレーターはカメラからの映像をバイザーで見ながら操縦、中心に表示される照準を通して、標的となる不振ドローンに狙いを定められます。ヴェープル12 ショットガンは完全自動化され手元から発射が可能。ドローンとしては約40分もの飛行時間を備えるため、かなりの長時間任務に就ける模様です。

ロシアの防衛情報サイトDambievは、このドローンはまだデモンストレーション用にすぎないと述べました。しかしあらゆるドローンは程度の差こそあれすべて精巧なラジコン飛行機/ヘリコプター/戦車にすぎません。紹介動画では、ドローンは垂直尾翼兼用のスタンドで起立した状態から垂直に離陸し、そのまま赤い風船と不審なドローンを想定したラジコン飛行機を打ち落とし、再び垂直に着陸するまでが記されています。
ロシアは捕獲ネット式の対ドローン用ドローン「Karnivora」を開発済みであり、この分野の研究を積み重ねています。あくまで"対ドローン"をうたってはいるものの、Karnivoraの"ショック・バージョン"では爆発物を搭載し爆撃機とすることも可能だとされます。アルマズ・アンティのショットガン・ドローンも、不審ドローンでなく敵の兵や施設を標的とする殺戮兵器として使われる可能性は否定できません。