Xiaomi Patent

2019年に入ってからも、続々と登場するノッチつきスマートフォン。しかし中国シャオミは、画面下部にデュアルカメラとノッチを移動させるアイディアを温めているようです。

オランダ語テックサイトのLetsGoDigitalが掲載した今回の特許では、ディスプレイの下部中央、あるいは下部の四隅にデュアルカメラとノッチを配置したスマートフォンが確認できます。

実はシャオミ、これまでも「Mi Mixシリーズ」として、本体下部にカメラを搭載したスマートフォンをリリースしています。これらは本体下部のベゼルにカメラを配置していますが、将来的に同じようにノッチを画面下部に移動したスマートフォンが登場する可能性は十分ありそうです。

Xiaomi Patent

なお、ユーザビリティの観点から考えると、本体下部のフロントカメラをセルフィーに使うにはスマートフォンをさらに高く持ち上げる必要があり、ユーザーは慣れが必要でしょう。一方で、左右に離れたデュアルフロントカメラは距離を測定することで、AR(拡張現実)的な使い方ができるかもしれません。

いつものことですが、特許が出願されたことと製品化は直接結びつくわけではありません。それでも、このような風変わりなデザインのスマートフォンをひと目見てみたい気もします。