Apple Watchがキャッシュレス端末として超優秀すぎるので、Androidも対抗してほしい

このままだとAppleにどっぷり依存

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年04月7日, 午後 03:00 in android
0シェア
FacebookTwitter

engadget
Apple Watchがキャッシュレス端末として超優秀なこと、皆さんはご存知でしょうか? Series 2からFeliCaをサポートし、日本でもApple Payに対応。SuicaやQUICPay、iDなどのタッチ決済を利用できます。

腕時計で決済するというと最初は戸惑いますが、スマホをいちいち取り出さずに、腕をかざすだけで「ピッ」っと決済できるのはやはり便利。電池の減りもスマホに比べれば一定なので「当日使いすぎてしまい、電池切れで決済できない」なんて心配も減らせます。

筆者もApple Watchを使ってキャッシュレス生活を謳歌しているのですが、1つ困ったことが......それはApple WatchはAndroidスマートフォンと連携できないということ。

iPhoneがなければApple WatchのSuicaにチャージできないし、JR東日本のグリーン券も購入できません。筆者は仕事柄、iPhoneに限らずAndroidの幅広い端末をじっくり使いたいのですが、Apple Watchがキャッシュレスに便利過ぎるがゆえに、メインのスマホをAndroidに移行しずらくなっています。

つまり何が言いたいのかというと、FeliCaに対応し、Android端末と連携できるWear OS(旧Android Wear)を搭載したスマートウォッチが、そろそろ出てほしいということ。

アナログ文字盤を採用したソニーの「wena wrist」はバンド部にFeliCaを搭載してはいますが、日常の電車移動から買い物まで活躍するSuicaには非対応で、利便性は大きく劣ります。

GoogleがPixelブランドのスマートウォッチ「Pixel Watch」を年内に発表するという噂もあり、ここがFeliCaを搭載してくれれば非常に嬉しいのですが、どうなることやら。

Apple Watchが便利過ぎるがゆえに、ほかのプラットフォームに乗り換えられないという贅沢な悩みではあるのですが、ここはぜひAndroid陣営からも対抗デバイスが出てほしいところです。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, applewatch, suica, wearable
0シェア
FacebookTwitter