アップルストア、購入したMacへの環境移行代行料金99ドルを廃止。無料対応に

時間がかかることもあるのでよく考えて

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年04月10日, 午前 10:50 in Personal Computing
0シェア
FacebookTwitter
fazon1 via Getty Images
Macを新しく買い換えるとき、手間になるのが古いMacからのデータの移行。マメにTime Machineでバックアップを取っている人ならそれもたいした手間ではないかもしれませんが、一方で日頃デバイスのメンテナンスをしていない人は、まずTime Machineとはなんぞや?というところから始めなければならないかもしれません。
アップルストアでは以前、年間99ドルのOne to Oneトレーニングプログラム内で古いMacから新品への環境移行を受け付けていました。しかしこのサービスは2015年で廃止され、環境移行については1回99ドルの単独サービスになっていました。

メルマガ式ニュースサービスTidBITSが伝えたところでは、4月2日よりこの環境移行料金が廃止になったとのこと。つまりこれからはアップルストア店舗でMacを買い換える際、古いMacを持って行けば無料で新しいMacを元のまま使えるようにしてくれるということです。

ただ、Macはユーザーが自分で環境移行を完了できる移行アシスタントとWiFi・iCloud経由での転送などが用意されているため、いまや移行にはケーブルすら必要ありません。また、店舗で環境移行をするにしても、所要時間が非常に長時間になり、その日の営業時間中に完了しないことも考えられます。それでも、最初から自分で上手く移行する自信がない場合は、これからは金額を気にせず、アップルストアで移行を頼んでみても良いかもしれません。

アップルはサイト上に移行手順を解説するページを用意しています。これを見ながら自分で移行を済ませることももちろんできるため、自身に会った移行方法を選択すると良いでしょう。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: apple, apple store, gear, GeniusBar, icloud, imac, mac, MacBook, MacbookPro, Personal Computing, personalcomputing, thebuyersguide
0シェア
FacebookTwitter