Huawei P30 ProをiFixitが分解報告。気になるカメラシステムの仕組みは…?

これがペリスコープカメラちゃんですか

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年04月16日, 午前 11:00 in android
0シェア
FacebookTwitter
Huawei P30 Pro

分解レポート&修理パーツ販売業者のiFixitが、中国ファーウェイのスマートフォン「P30 Pro」の内部レポートを公開しています。分解のハイライトは、10倍ハイブリッドズームを実現した4カメラシステムです。

前モデルの「P20 Pro」からノッチが小さくなり、ディスプレイ指紋認証機能を搭載するなど、外観的にも大きく進化したP30 Pro。またIP68の防塵・防水性能を実現するために、本体ケースとディスプレイは強力にはめ込まれ、固定されています。

Huawei P30 Pro

そして分解を進めると、4カメラモジュールが姿を見せます。縦の3眼カメラの最下部には、光軸の向きを変更する光学5倍ズームの「ペリスコープカメラ」を搭載。超広角カメラや広角カメラに比べ、モジュールが横長かつレンズ開口部の四角い、特徴的な形状をしていることがわかります。

Huawei P30 Pro

P30 Proにはそれ以外にも3200万画素のフロントカメラ、そして物体との距離を測定するToFセンサーが搭載されています。このうち4000万画素の広角メインカメラは、RYYB(レッド、イエロー、イエロー、ブルー)の光を捉える、特殊なセンサーです。これにより、ISO40万9600という驚異的なスペックと、暗所撮影性能の向上を実現しています。

というわけで、P30 Proの修理の簡単さは4/10。ドライバーだけで分解ができるものの、内部パーツは破損しやすく、またバッテリーが強力に粘着されていることを伝えています。

個人でここまでスマートフォンを分解することはまずないと思いますが、今後のフラッグシップスマートフォンにはこのような複雑なカメラシステムが次々と搭載されるのか、少し気になります。

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: android, disintegrate, huawei, ifixit, p30, smartphone
0シェア
FacebookTwitter