インテル、スマホ向け5Gモデムチップ事業から撤退。アップルvs.クアルコム終結で「収益化への道筋なし」

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年04月17日, 午後 02:20 in Mobile
0シェア
FacebookTwitter
SOPA Images via Getty Images
インテルが、スマートフォン向け5Gモデムチップ製造から撤退すると発表しました。理由はアップルが通信大手クアルコムとの間で争っていた知財紛争が終結したことで、インテルのモデムチップの採用拡大が見込めず、収益化への明確な道筋が描けなくなったため。インテルは声明において「2020年に販売を予定していたものを含めスマートフォン向け5Gモデムの発売は行わない」と述べています。インテルのスマートフォン向けモデムチップは2016年からiPhoneへの採用が始まり、現在の最新モデルであるiPhone XSやiPhone XRなどではインテルのモデムチップのみが使われています。もし、これまでのようにアップルとクアルコムが殴り合いを続けていれば、将来の5G対応iPhoneにもモデムを供給する見込みで、すでに開発も進めていたとのこと。

とはいえ、撤退するのはあくまでもスマートフォン向け5Gモデム事業であり、すでに供給している4Gモデムに関しては顧客へのコミットメントを継続するとのこと。一方でスマートフォン以外、PC向けなどには5Gモデムチップを提供すること、またインフラ関連の5G技術、対応機器開発に関しても予定どおり継続し、PC、IoT、およびその他のデバイスにおける4Gと5Gの機会を「評価」するとのことです。

インテルは2018年11月に5Gモデム技術開発に力を入れることを明らかにし、2019年1月のCES 2019でも5Gへの意気込みを力説していました。しかししだいにその勢いは鈍りはじめ、2月には2019年後半の供給予定が2020年にずれ込むとの報道が。さらに4月に入ってからはアップルがインテルに見切りをつけて独自に5Gモデムを開発すると言ったトンデモなうわさまで飛び出し、クアルコムCEOが助け船を出す用意があると発言するに至っていました。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: 5g, apple, business, gear, intel, Mobile, modem, qualcomm
0シェア
FacebookTwitter