トヨタ・デンソー・ソフトバンクVF、Uber自動運転部門に約1100億円出資

自動運転ライドシェア車両の開発と実用化を加速

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年04月19日, 午前 11:10 in automotive
0シェア
FacebookTwitter
engadget

トヨタ、デンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)は米国時間4月18日、Uberの自動運転部門「Uber Advanced Technologies Group」(Uber-ATG)に合計10億ドル(約1100億円)の出資を行うと発表しました。出資は2019年Q3に完了予定。

トヨタとデンソーは6億6700万ドルを、SVFは3億3300万ドルをUber-ATGが基となる新会社に出資します。この出資により、自動運転ライドシェア車両の開発と実用化を加速させます。

なお、トヨタは昨年8月にもUberに5億ドル(約560億円)を出資。ミニバン「シエナ」をベースに、トヨタの運転支援システム「Guardian」と、Uberの自動運転システムを連携させた自動運転ライドシェア車両を、2021年にUberのライドシェアネットワークに導入することを目指し、共同開発を進めています。

今回の出資により、トヨタはUberと自動運転ライドシェア車両の開発を継続すると共に、次世代自動運転キットを共同設計し、車両の量産化とサービスの実用化に目処をつける狙い。またトヨタは出資に加え、今後3年間で最大3億ドル(約340億円)の開発費を負担するとしています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: automotive, autopilot, RideSharing, softbank, softbankvf, toyota, transportation, uber
0シェア
FacebookTwitter