Anker初の100W PD充電器「PowerPort Atom PD 4」発売

窒化ガリウムは非採用

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2019年04月23日, 午前 10:20 in android
0シェア
FacebookTwitter
Anker PowerPort Atom PD 4

モバイルバッテリーや周辺機器を手掛けるAnkerは、同社初のUSB PD 100W出力対応の急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」を、4月23日に発売します。Anker公式オンラインストアとAmazonで販売され、価格は税込9999円です。

「Anker PowerPort Atom PD 4」 は、USB Power Delivery(以下、USB PD)の規格上限となる最大100W出力に対応した充電器。パスポートとほぼ同じサイズを実現したという筐体に4つのポートを備えます。2ポートがUSB PDに対応するUSB Type-Cで、2ポートは5V/2.4A出力のUSB A端子という構成で、Ankerは「最大4台の端末を同時にフルスピードで充電できる」とアピールします。

USB PD対応のType-Cポートは、1つのポートから最大100Wの出力が可能。4ポート合計の最大出力も同じ100Wとなっており、複数のポートに機器を接続した場合は、接続機器の数や種類を自動で検知し、使用状況に応じて100Wの出力を効率的に分配するとしています。

Anker PowerPort Atom PD 4

最新のiPhoneを充電する場合、Apple MFi 認証を取得した「Anker PowerLine II USB-C & ライトニングケーブル」と組み合わせて使うと、一般的な5W出力の充電器と比べてを約1時間早く充電できるとのこと。本体サイズは約110×85×34mm、重さは約457gとなっています。

ちなみにAnkerはこれまで、製品名に「Atom」と命名した充電器に次世代の半導体素材「窒化ガリウム」(GaN)を採用していましたが、今回の「Anker PowerPort Atom PD 4」ではGaNは非採用としています。

PowerPort Atom PD Spec
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, anker, Anker Powerport, anker powerport atom pd 1, atom, cable, charger, charging, iphone, lightning, mac, pc, powerline, usb, usb charger, usb-c, USB-PD, Usb3.0
0シェア
FacebookTwitter