LINE対抗「+メッセージ」に公式アカウント機能追加

メリットは「本人確認済み」なこと

石井徹(TORU ISHII)
石井徹(TORU ISHII), @ishiit_aroka
2019年04月23日, 午後 02:00 in LINE
0シェア
FacebookTwitter
+メッセージ
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手3社は、メッセージサービス「+メッセージ」にて、企業公式アカウントとメッセージをやり取りする機能を追加します。5月からサービス開始します。

+メッセージは携帯電話の「SMS」を拡張したメッセージサービス。国際規格の「RCS」を採用しており、SMSでは利用できなかった画像や音声、選択式ボタンなどを使えるのが特徴です。米国などではRCS規格によって企業アカウントに問い合わせする機能などが提供されており、日本で3キャリアが開始した+メッセージでも、それに準じてアップデートされることになります。

+メッセージ

一方、日本ではコミュニケーションアプリ「LINE」が多くのユーザーに利用されており、企業公式アカウントとのコミュニケーション機能も、LINE内で実装されています。+メッセージで3キャリアは、LINEに奪われた「企業とユーザーとのコミュニケーション」の需要を取り返す狙いがあります。

公式アカウントの例として、レストラン予約、宿泊予約、携帯電話契約のサポートなどチャットで行うサービスが紹介されました。

なお、+メッセージの公式アカウントは、各キャリアで審査を行います。そのため、キャリアごと用意される公式アカウントの種類が異なってくる可能性があります。

+メッセージ
+メッセージ
+メッセージ
+メッセージ

■銀行・保険・カードの住所変更を1回で

+メッセージでは、2018年6月よりサービスを開始し、2019年4月時点で800万人のユーザーを抱えています。一方で+メッセージが3キャリアのユーザー向けたサービスです。3キャリアで1億7000万の契約を抱えていることを考えると、まだまだ普及していないとも言えます。今回の企業アカウントの開始により、LINEなどとの差別化を図る狙いです。

+メッセージ

LINEには無い、+メッセージならではの特徴は、利用者が「本人確認済み」であるということ。携帯電話の音声サービスでは、契約時に法律で利用者本人の確認が義務付けられています。これはつまり、携帯電話番号は契約者本人と紐づけられているとも言えます。そして+メッセージは携帯電話キャリアが提供するサービスで、携帯電話番号から契約者本人の情報を確認することができます。

+メッセージ

+メッセージの公式アカウントと同時に発表された、金融機関向けの「共通手続きプラットフォーム」は、まさにこのメリットを生かしたものと言えるでしょう。このプラットフォームでは、カード会社、保険会社、銀行などが参加し「+メッセージ上で、契約に関する手続きを一括で行う」サービスを提供します。

+メッセージ

たとえば、引っ越しの際の住所変更手続きでは、カード会社、銀行、保険会社など契約しているすべての会社に申し出る必要がありますが、+メッセージ上で一回申し込みするだけで、連携する金融機関の登録情報を、会社をまたいで変更することができます。また、災害発生時の安否情報登録の一括登録や、口座振替といった手続きなど利用例も紹介されました。

+メッセージ
+メッセージ

「共通手続きプラットフォーム」はトッパン・フォームズがシステムを構築し、当初メンバーとしてJCB、東京海上日動火災保険、日本生命、野村證券、三菱UFJ銀行が参加し、2019年度内のサービス開始を目指して具体的な検討を開始します。あわせて対応金融機関の拡大も目指すとしています。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: LINE, messaging, RCS, SMS
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents