使用時も充電もワイヤレスなGalaxy Buds、5月下旬に日本発売

ケースを介したワイヤレス充電にも対応

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年04月25日, 午前 11:45 in Galaxy
0シェア
FacebookTwitter
Galaxy Buds
Samsungは、2月にGalaxy S10/S10+、そしてGalaxy Foldとともに発表した完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」を日本国内で発売します。5月中旬より予約を開始し、5月下旬に発売予定です。


デザイン的には、前モデルIcon Xと変わらない印象を受けますが、本体サイズは約30%小型化。重さも6gと従来の8gから軽量化されており、「真のウェアラブル」を追求したとしています。
バッテリーは1回の充電で最大6時間の音楽再生が可能。通話の場合も最大5時間使用できます。15分の充電で約1.5時間の音楽再生が可能な急速充電にも対応しています。

また、充電ケースを併用することで最大13時間の音楽再生が可能になります。そして本機の大きな特徴は、この充電ケースがワイヤレス充電に対応している点です。まだ日本では発表されていませんが、Galaxy S10やS10+と組み合わせた場合、S10の背面に乗せるだけで充電を行えます。

なお、Icon Xが対応していた心拍モニタには非対応。フィットネス向けの機能を廃止する代わりに、音質面や操作性の向上を図っています。

音質面では、Samsung傘下のAKGがチューニングし、臨場感のあるサウンドを実現したとのこと。また、イヤホンの内側と外側にマイクのあるデュアルマイクシステムを採用します。通話時に周囲が騒がしかったり、風が強かったりすると内側のマイクが自動起動。外耳内の音声を直接拾うことで、クリアな音声を提供するとしています。

操作面では、タッチ操作によるAmbient Modeに対応。本体外側のタッチパネルを長押しするだけで、即座にボリュームを下げ、イヤホンを取り外すことなく周囲の音を確認できます。

Galaxy Buds

国内価格は予約開始時に発表されるとのこと。海外では130ドルのため、国内でも1万5000円程度になると考えられます。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: audio, EarBuds, EarPhones, galasubuds, Galaxy, samsung, wearables, wireless, wirelessearbuds, wirelessearphones
0シェア
FacebookTwitter