Kyash Direct
ウォレットアプリ「Kyash(キャッシュ)」を運営するKyashは、サービス・アプリ開発者向けのVisaプリペイドAPI「Kyash Direct」を発表しました。

Kyash Directを利用することで、サービス開発者が自社ブランドの「バーチャルVisaカード」を発行できるようになります。たとえば、銀行ならオンラインバンクの預金残高をVisaプリペイドとして支払ったり、フリマアプリなら売上金をVisaで利用できるようにしたりといった形で利用できます。アプリなどに表示するバーチャルVisaカードのほか、実カードの発行にも対応。今後、電子マネーQUICPayの発行にも対応します。

Kyash Directのサービス開始にあたり、Kyashはビザ・ワールドワイド・ジャパンと提携。Visaのスタートアップ向けプログラムの一環として、Visaプリペイドの自社発行権限を取得しています。Kyash Directではカード発行から決済処理までKyashが提供することで、低コスト化で高速処理の決済サービスを提供できるとしています。