84ドルの13.3インチフルHDポータブルディスプレイを買ってみた:旅人目線のデジタルレポ 中山智

壊れても諦められるのですが、なかなか壊れません

中山智 (Satoru Nakayama)
中山智 (Satoru Nakayama), @yenma
2019年05月2日, 午後 12:00 in MobileDisplay
0シェア
FacebookTwitter
13.3inchportableDisplay
旅人ITライター中山です。取材などで海外に行くときは、マルチディスプレイ環境を構築するために、ポータブルディスプレイを持ち歩いてます。そこで頭を悩ませるのが、飛行機搭乗時の持ち運び。やはり精密機械なので機内持ち込みにしたいものの、手荷物はパソコンやカメラでいっぱい。一方スーツケースにいれて預け荷物にすると破損が心配です。

結局のところスーツケースにいれて持ち運んでいるわけですが、それなら壊れてもあきらめがつくよう、安いディスプレイを使おうということで新たに購入しました。もちろんAliExpressでの購入です。13.3inchDisplay

入手したのは13.3インチで1920×1080ドットのフルHDディスプレイ。価格は84ドルだったので、1万円以下で購入できました。ディスプレイ以外の同梱物はHDMIケーブルとUSBケーブル、電源用の変換アダプター。そして100円ショップで売っているようなスタンドです。

13.3inchDisplay
▲手元に届いた状態のディスプレイセット

13.3inchDisplay
▲同梱物はケーブル2本とスタンド

サイズは約322.5(W)×14(D)×205(H)mmとひと昔前のタブレットといった感じ。重さは約685gなので、手に持ってみると意外と軽いです。ベゼルの幅は値段相応といった感じでやや厚め。見た目の安っぽさは否めません。

13.3inchDisplay
▲MacBook Air(2013)から出力してみた

13.3inchDisplay
▲100円ショップで見かけたことのあるスタンドが付属

入力端子などは本体左側面に配置されており、映像入力はHDMIがふたつ。複数のデバイスが入力できるのはありがたいポイントです。ただ端子の形状が標準でもmicroでもなく、最近採用デバイスの少ないminiHDMIなのが難点。付属のケーブルも標準HDMI-miniHDMIケーブルです。

13.3inchDisplay
▲右側面のポート類。HDMIはminiなので使用するケーブルには注意

電源ポートも用意されていますが、microUSB端子からの給電も可能です。さらに本体にはスピーカーも内蔵されており、PCなどとつなげると設定によってはこのディスプレーから音が出ます。コンシューマーゲーム機などをつないで遊ぶには良いのですが、かなりチープな音なので、映画などを観たい場合はイヤホン端子を使うか、出力しているデバイスのサウンドシステムを使いましょう。

本体背面左側にはメニューコントロール用のボタンがあります。といってもメニューを呼び出して「UP」や「DOWN」でフォーカスを動かしていく程度。このあたりは一般的なポータブルディスプレイと大差はありません。メニューからは明るさやコントラストなど、ディスプレイの設定に必要な項目はひととおり揃っています。

13.3inchDisplay

13.3inchDisplay13.3inchDisplay13.3inchDisplay

肝心の画質ですが、光沢タイプということもありやや映り込みが気になります。色合いも濃いめな感じで、全体的にべたっとした印象。ただ視野角はわりと広いので、スマートフォンなどからドラマなどの映像コンテンツを映し出すのには良い感じです。

13.3inchDisplay
▲斜めからでもしっかり見えるので、配置はしやすい

全体的には価格相応という品質ですが、いつ壊れてもいいくらいの覚悟で使うアイテムとしてはちょうどいいかも。専用のハードケースなどはなく、ノートパソコン用のソフトケースにいれて何度かスーツケースで持ち運んでいますが、いまのところ壊れていません。壊れてもいいと思って使うと意外と壊れないもんなんですよね。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: display, mac, mobile, mobile display, MobileDisplay, pc, windows
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents