Facebookの出会い機能に「ひみつの恋人候補リスト」追加。両思いの場合のみ双方に通知

く、9人も選べば、ひとりぐらいは…

Munenori Taniguchi
Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2019年05月1日, 午後 05:50 in Internet
0シェア
FacebookTwitter
Facebook
Facebookが、毎年恒例の開発者向けカンファレンス F8 にて、2018年に開始した出会い機能Facebook Datingの機能強化について発表しました。

追加された新機能は「Secret Crush」と呼ばれ、Facebook上で好意(Crush)を寄せる相手を最大9人までリストに登録しておけば、相手も同様に自分をリストに加えた際に両者にそれが通知されるという機能。もしリスト上の相手が自分に興味を持っていない場合、自分の本心が相手に知られることはありません。
Facebookの出会い(Dating)機能はオプトイン式のサービスで、その機能をオンにしている場合のみ、同じくオンにしている他のユーザーに自身の出会い機能向けプロフィールを表示します。Facebookお得意のユーザープロファイリング機能によって潜在的に愛称の良さそうな相手を調べることも可能で、両者が合意すれば直接Messengerなどでコンタクトをとることもできるようになります。

Secret Crush機能では、まずユーザーがお付き合いしたいと思うユーザー候補を最大9人までをリストに登録できます。このとき、9人のなかでDating機能にオプトインしている相手には「誰かがあなたをSecret Crushに追加した」ことが通知されます。もし、9人の相手候補の誰かがDating機能にオプトインしていて、さらにSecret Crushにこのユーザーを登録していれば、その場で両者にマッチングが通知されます。

要するに、リストに登録しただけでは自分が誰に好意を寄せているかは相手に知られることはなく、相手も同じく自分をリストに登録したときだけ、互いの意思が相手に伝わる仕組みです。よって「9人も選んだのに誰ともマッチングしなかった」とすぐに肩を落とすことはありません。むしろそこから意中の相手に自分を印象づけていけば、いつかマッチングが成立する可能性もあるわけです。

なお、リストに登録した相手候補は1日に1人しか入れ替えることができません。したがって"当たり"が出るまでとにかく誰かを登録しまくるなどというやけくそな行動はできなくなっています。
Facebook
Facebookは、コンテンツや広告のためにDatingやSecret Crushにおけるユーザーのアクティビティデータを使うことはないと述べました。ユーザーが自分のSecret Crushリストに誰かを追加したからといって、タイムラインにその相手に関する投稿やなんらかの情報が増えるわけではないとのことです。

Secret Crushはまだ正式には提供されておらず、米国では2019年末からの開始予定。またSecret Crushを使うために必要なFacebookの出会い機能は、現在はアルゼンチン、コロンビア、メキシコ、カナダでのみ提供中。今年のうちにブラジル、ボリビア、チリ、エクアドル、ガイアナ、パラグアイ、ペルー、ウルグアイ、ラオス、マレーシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、スリナムに拡大されます。

ということは、日本ではまだしばらくSecret Crush機能の提供はありません。とりあえず我々はFacebook
に頼るのでなく、今後も自力で人生の道を切り開いていく心構えでいる必要がありそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dating, dating app, entertainment, f8, f82019, facebook, facebook dating, facebook secret crush, gear, internet, mobile, personal computing, personalcomputing, secret crush, services, social, social media
0シェア
FacebookTwitter