APPLE/
アップルが今年6月の開発者向けイベント「WWDC 2019」で発表すると見られている新基軸のうち、次期メジャーバージョンmacOS 10.15についての噂が報じられています米Bloombergは、今年秋にリリースと思われるiOS 13やwatchOS 6とともに、macOS 10.15の新機能に関する予測も伝えています。その主な内容を総括するなら、iOSとmacOSアプリを段階的に統合していく社内プロジェクトMarzipanにもとづき、iPhoneやiPadのアプリがmacOSに移植されるというものです。以下、新アプリなどの箇条書きです。
  • iOS用Podcastsアプリと、iOS 13以降の「iPhoneを探す」と「友達を探す」の2つを統合したアプリのmacOS移植
  • 新たなmacOS用Apple Musicアプリの開発。先日もiTunesからMusicとPodcastsという主要機能を分離するとの噂がありました
  • 「メッセージ」アプリに新たなエフェクトとステッカーの追加
  • ユーザーがiOSで独自のSiriコマンドを作れる「Siriショートカット」をmacOSにも統合
  • 「リマインダー」アプリの更新
  • 「ブック」アプリのアップグレード

WWDCは本来ソフトウェアに焦点を当てた催しですが、アップルはその場で新ハードウェア製品を発表することが珍しくありません。Bloombergによれば、完全新規設計のMac Proのデビューを検討しているとのこと。本製品はアップルが前から言及していたもので、当初は2018年のリリースを予告しており、後に2019年への延期を表明していました

さらにHDRサポートも備えて発色がかなり改善された外付けモニター、コードネーム「J290]も用意されているとのこと。これが有名アナリストが予測していた「アップル純正の31インチ6Kディスプレイ」と同じものかどうかは不明ですが、なんらかのディスプレイ製品がWWDCで発表される可能性はかなり高そうです。