amazon
アマゾンが家庭用防犯カメラBlink XT2を発表しました。Blinkはアマゾンが2017年に買収した防犯カメラ会社です。日本のアマゾンでも販売しているBlink XTはコンパクトな屋内屋外両用セキュリティカメラで、人感センサーを内蔵。スマートフォンと連携して内蔵スピーカーによる双方向の会話も可能でありつつ、単三電池2本で駆動できる手軽さが売りでした。

新しいBlink XT2は同じ単3電池2本での駆動で、最長2年間駆動するとアマゾンは主張します。さらにAlexaのボイスコマンドをサポートし、人感センサーの精度も向上しました。アマゾンの買収はAlexa以外にもクラウドストレージ連携機能を提供し、人感センサーなどで自動録画される1080p動画を無償で保存できます。人感センサーは「マイクロアクティビティゾーン」の設定によって誤検知を最低限に抑えることができます。さらに低消費電力化の恩恵により、録画機能を使用する場合の電池寿命は従来比約2倍になったとのこと。

カメラ価格は単体で90ドル(約9900円)と安価。ただし、Blink XTと同様に中継器となるBlink Sync Moduleを必要とします。したがって、初めてBlinkのカメラを導入する場合はSync Moduleとセットで100ドル(約1万1000円)となります。

Blink XT2は、米国とカナダで5月22日より販売を開始します。

Blinkのカメラは設置や設定が簡単で、単に防犯だけでなくアマゾン(や他の通販サイト)で購入した荷物がいつ届いたかを知ることができる利便性もあります。さらに、アマゾンが展開する不在時自動解錠荷物受け取りサービスAmazon Keyにも、Blinkのようなクラウド連携するネットワークカメラが必要。将来的にアマゾンが国内でAmazon Keyを展開するのであれば、それに先だってBlink XT2の国内販売も開始されるかもしれません。