iPhone XR後継機もカメラを強化? 予測画像が公開、カメラ周りに正方形の出っ張り

今年はミドルレンジスマホでもカメラ戦争か

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2019年05月9日, 午後 12:00 in AppleRumor
0シェア
FacebookTwitter
xr2019年秋に登場が予測される次期iPhone3モデルのうち、iPhone XR後継機の高品質な予想レンダリング画像が公開されています。iPhone XSやiPhone XS Max後継機の予想CGは以前も何度か報じられましたが、XRの次世代版での予測画像公開は、今回がおそらく初めてのことです。本画像はインドのテック系情報サイトPricebabaが、有名リーカーOnleaks氏の協力を得て作成したもの。Onleaks氏はハイエンドモデルiPhone XI(仮)の予想レンダリング画像作成にも関わっていました。

この画像で異彩を放っているのは、背面のデザインです。2018年モデルと同じくガラス製パネルに、カメラ周辺に大きな正方形の出っ張りを有するため。この存在感を放つ四角い出っ張りはiPhone XI(仮)と同様ですが、ハイエンド版のカメラが3つだったのに対して、こちらでは2つ。カメラは垂直に配置され、フラッシュ用のLEDが右側に置かれています。

その一方で前面は、ディスプレイ上部に大きなノッチがあるデザインで、iPhone XRとほぼ同じ。Onleaks氏によると画面サイズは(前モデルと同じ)6.1インチということで、2019年モデルも引き続き1792 x 828解像度のLCDパネルと思われます。ちなみに有名アナリストMing-Chi Kuo氏は、前面の自撮りカメラが7MPから12MPに強化されると予測していました


xr2


本体下部にスピーカーとLightningポート、右側にSIMカードトレイと電源ボタン、左側にはボリュームとミュートスイッチがあるのもiPhone XRと同じ。本体サイズは高さ150.9mm x幅76mm x 厚さ8.3 mmでカメラ部分のみ9.1mmと、やはり前モデルとは誤差の範囲に収まるようです。

これまでiPhone 2019年モデル3機種に共通して予測された要素は、2018年モデルのSoC・A12 Bionicよりもパフォーマンスが向上したA13 Bionic(仮)の採用や、新型の投光イルミネーターによりFace IDの精度が向上するといったところです。

発売当初の売上げ不振の噂が印象に残りやすいiPhone XRですが、アップル幹部は「最も人気のある機種」と発言していました。Googleがスマホの高価格化に一石を投じつつカメラ性能に妥協がないPixel 3a/XLを投入した後だけに、iPhone XR後継機でも「価格」と「カメラ」には注目が集まりそうです。

 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: a12bionic, a13, apple, AppleRumor, iphone, iPhoneXr
0シェア
FacebookTwitter