本体上下スライドなZenFone 6はノッチ/パンチホールなしの全画面デザイン実現か

変態端末のAsusが帰ってくる?

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年05月13日, 午後 03:00 in android
0シェア
ASUS ZenFone 6

台湾ASUSが5月16日に発表を予定している新型スマートフォン「ZenFone 6」らしき実機画像が、オンライン上に投稿されています。以前のリークで示唆されていた特徴的な本体構造が、画像からも確認できます。

TwitterアカウントのSudhanshu Ambhoreが投稿した画像では、ZenFone 6に搭載されたノッチもパンチホールもない、完全全画面ディスプレイが搭載されていることがわかります。

そしてスマートフォンの本体下部を下にスライドするとスピーカーが、そして上にスライドするとフロントデュアルカメラやLEDフラッシュが姿をみせます。このように上にスライドするとフロントカメラが現れるスマートフォンはこれまでも存在していましたが、下スライドでスピーカーが登場する端末は非常に珍しいといっていいでしょう。

ASUS ZenFone 6

事前情報によれば、ZenFone 6のフロントカメラの画角は120度で、スピーカーはharman/kardonブランドのものになります。また本体にはイヤホンジャックやデュアルSIM+microSDスロット、通知LED、スマート・キーが搭載されるとしています。

ASUSは5月16日にZenFone 6の発表を予定しており、おそらくは今回のリーク画像のような変わり種スマートフォンが発表されることでしょう。ASUSは以前にタブレット型ディスプレイとスマートフォンが合体する「PadFoneシリーズ」のような意欲的な端末を投入していた時期があり、再び同社が変態端末へとチャレンジするのか、注目が集まります。

ASUS ZenFone 6


TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

関連キーワード: android, asus, smartphone, zenfone
0シェア

Sponsored Contents