Lenovo X1 foldable
Lenovoがフロリダで開催している年次イベントAccelerate'19において、折りたたみディスプレイを搭載したノートPCのプロトタイプを披露しました。正式な型番は決まっていないものの、ThinkPad X1シリーズの端末として、2020年の発売を目指すとのことです。

Lenovoは2画面折りたたみのLenovo C930を発売していますが、公開された端末はそれとは違い、SamsungのGalaxy Foldのようにディスプレイを内折りにするもの。開いた状態で13.3インチ 2K(4:3)になります。ちなみにディスプレイはLG Display製。スタイラスでの操作にも対応します。


実機を触った米Engadgetによると、閉じ開きは十分にスムーズだったのこと。なお、折りたたんだ際にGalaxy Foldと同様にヒンジ付近に隙間ができるようです。

Lenovo X1 foldable

単に2つ折りに出来るだけでなく、角度をつけて開き、通常のノートPCのように使うことも可能。下側画面にソフトキーボードを表示しての入力も行えます。

Lenovo ThinkPad X1 foldable concept PC

内部的な仕様は公開されていませんが、Interl製のチップセットを採用しています。1日持つバッテリーを搭載し、重さは2ポンド(約907g)未満を目標にしているとのこと。そのほか、デュアルスピーカーやWindows Hello対応のカメラを搭載予定です。

2つ折りで持ち運び、半分開いてノートPCのように使用すると、片側の画面サイズはおよそ9.6インチ。必要に応じて完全に開けば13.3インチで利用できるのは、モバイルPCとしては使い勝手が良さそうです。