アマゾン、Alexaに対応した新Fire 7とキッズモデル発表。6月6日発売

Alexaのハンズフリーモードにも対応

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年05月17日, 午前 12:01 in amazon
0シェア
FacebookTwitter
Fire 7
アマゾンジャパンが、新型Fireタブレット「Fire 7」を発表しました。Fireタブレットとしては、第9世代となります。すでに予約受付を開始しており、発売は6月6日。価格は16GBモデルが5980円、32GBモデルが7980円です。

新Fire 7は外観上は従来モデルと変更はなく、背面のロゴが変った程度。しかし中身は変わっており、ストレージが16GB/32GBと倍増。microSDは512GBまでの対応となりました。

また、フロントカメラが2MPにアップデートし、HD 720pの動画撮影にも対応。ビデオチャットなどで使いやすくなっています。

しかし、もっとも大きな変更はAlexaへの対応です。現在、最上位のFire HD 10のみAlexaに対応していますが、HD8よりも先に廉価モデルとなるFire 7が先に対応することになります。


ハンズフリーモードにも対応しており、スリープモードになっていても、「Alexa」の呼びかけで利用可能です。

Fire 7なお、新Fire 7とあわせて、Fire 7キッズモデルも発表されています。ストレージは16GBで価格は1万1980円。

3月に発売されたFire HD8キッズモデルと同様に、児童向けの書籍・動画・知育アプリなど数千コンテンツが使い放題となる「Amazon FreeTime Unlimited」の1年契約が付属するのに加え、耐衝撃カバーを同梱します。なお、こちらのカバーは、自立できるキックスタンドを備えているのが特徴です。

Fire 7 Kidsmodel
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: alexa, amazon, fire, Fire7, mobile, tablet
0シェア
FacebookTwitter