ワンボードマイコンのArduinoボード、新Nanoファミリー4モデルを発表。9.9ドルから

Arduino IoT Cloud専用SIMも

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年05月20日, 午後 01:20 in gadgetry
0シェア
Arduino Nano
電子工作でよく使われるArduinoボードの新モデルが、5月17日~19日にカリフォルニアで開催されたMaker Fair Bay Area 2019にあわせて発表されました。

Arduinoは、オープンソースのソフトウェアとハードウェアで構成される総合開発プラットフォーム。そのハードウェアであるArduinoボードは各種I/Oポートを備えており、センサーからの情報をもとにモーターを動かすなど、各種電子工作でも広く使われています。

新たに発表されたのはArduino Nano Familyと名付けられた4モデル。名前のとおり、従来のArduino Nanoを置き換える製品群で、フットプリントは従来モデル(18 x 45mm)と同じです。

もっとも安価で、従来製品を置き換えるのがArduino Nano Everyで9.9ドル。IoT向けのArduino Nano 33 IoTが18ドル。Bluetooth Low Energyに対応したArduino Nano 33 BLEが19ドル。BLEに温度や湿度など各種環境センサーを追加したArduino Nano 33 BLE Senseが29.5ドルとなります。

米国ではすでに予約受付中で、Everyと33 IoTが6月中旬、33 BLEと33 BLE Senseが7月中旬発売予定です。

なお、センサーで記録したデータを保存したり、イベントのトリガーなどに使えるArduino IoT Cloud専用SIMも発表されています。無料登録で10MBを最長90日間利用可能。それ以降は月額1.5ドルで5MBを利用可能になります。残念ながら契約は米国居住者のみ。

Arduino SIM
今のところ、Arduino IoT Cloud以外には接続できないとのことですが、今年の後半には広くインターネットに接続可能になるとしています。

TechCrunch 注目記事「新型コロナの影響で自宅待機中のTechCrunchスタッフを熱中させているもの

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

TechCrunch Japanへの広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com まで。媒体概要はメディアガイドをご覧ください。

関連キーワード: arduino, arduino nano, gadgetry, gadgets, gear
0シェア

Sponsored Contents