好きな絵柄のPixelスマホケース「My Case」が提供終了

面白いサービスだったのですが…

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年05月20日, 午後 01:00 in mobile
0シェア
FacebookTwitter
Google My Case

米グーグルは、Pixelスマートフォン向けの純正ケースデザインサービス「My Case」を終了させました。

My Caseとは自分がアップロードした写真やグーグルが用意したアートワーク、あるいはGoolge Earthの絵柄をプリントしたケースを、グーグルが販売するというものです。初代Pixel以前では、このサービスは「ライブケース(Live Case)」と呼ばれていました。

「Nexus 6」や「Nexus 5X」「Nexus 6P」向けのライブケースではカスタム可能なNFCボタンが用意され、ライブ壁紙アプリとの連携も用意されていました。また「Pixel 2/2 XL」のMy CaseではNFC機能は削除されましたが、内部コードにより引き続きライブ壁紙を利用することができました。

しかし、グーグルが今月にGoogle I/Oにて新型スマートフォン「Pixel 3a/3a XL」を発表するのと同時に、My CaseサービスとライブケースはGoogle ストアから姿を消すことになります。その理由は明かされていませんが、それほど需要がなかったか、あるいは思ったよりもコストがかかっていた、などの背景が推測されます。

これにより、Pixel 3やPixel 3aで利用できる純正ケースは、ファブリック素材のものだけになりました。My Caseやライブケースはなかなか興味深いプログラムだったのですが、今後同プログラムが別名でまた復活するかどうかは今のところ不明です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: android, google, mobile, pixel, smartphone
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents