Instagram
Instagramで影響力のあるインフルエンサーの個人情報が、オンラインで誰でも見られる状態で公開されていたようです。

TechCrunchによると、Instagramのインフルエンサーやブランドアカウントの情報が、Amazon Web Serviceでホストされており、パスワードも設定されておらず、誰でも見れる状態だったとのこと。そのレコード数は4900万件を超えていたとしています。

データには、プロフィール情報のほか、電話番号やメールアドレスなど非公開の情報も含まれていました。また、フォロワーやエンゲージメント、リーチなどに基づいて算出された各アカウントの価値を計算したレコードも含まれており、これは、インフルエンサーに広告を依頼する際の報酬の目安になるもののようです。

このデータを最初に見つけたのは、セキュリティ研究家のAnurag Sen氏。その後、TechCrunchの調べにより、インドのムンバイに本拠地をおくソーシャルメディアマーケティング会社Chtrboxのものだと判明しています。Chtrboxは問い合わせを受けた後にデータベースを非公開としており、質問にも回答をしていません。

Facebookによると、Instagramではいかなる種類のデータも収集が禁止されています。しかし、2017年にはハッカーがバグを利用して著名なアカウントの情報を入手するという事件がありました。また、数百万のパスワードが平文で保存されていた不具合も見つかっています。

今回の件ついてInstagramは、公開されていたデータがInstagramから流出したものなのか、他からのものなのか調査を進めており、Chtrboxへも確認を行っているとしています。