「日本の消費者はご安心を」「セキュリティ更新に影響なし」 ファーウェイ P30発表で声明

「Androidの発展に今後も貢献していく」ともコメント

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2019年05月21日, 午後 03:21 in business
0シェア
FacebookTwitter
engadget
米企業の取引停止に揺れるファーウェイは本日(5月21日)、最新SIMフリースマートフォン「HUAWEI P30」シリーズを国内発表。登壇した呉波氏(デバイス部門 日本・韓国担当プレジデント)は『日本の消費者の皆様は安心してご購入・ご使用ください』とコメントしました。

engadget

<呉波氏の米制裁に関する発言は下記の通り>

「米国の制裁に粘り強く対応していく。(制裁は)我々にとっての再出発になると信じている」

「ファーウェイはアメリカ商務省産業安全保障局の決定に反対する。これは誰の利益にもならない。ファーウェイと業務提携しているアメリカの会社に対して巨額な経済損失をもたらし、アメリカで10万人に及ぶ雇用に影響し、さらにグローバルのサプライチェーンの協業を分断する。ファーウェイはこの件について早期かつ積極的に救済策・解決策を講じて影響を低減させる」

「AndroidはスマートフォンのOSとして常にオープンソースで、当社はその重要な参加者としてAndroidの発展と成長に非常に重要な貢献を果たしてきた。当社はユーザーや産業にとって有益なAndroidエコシステムを、さらに発展させていく所存だ

「ファーウェイおよびHonorブランドについて、全世界で販売済または販売中のスマートフォンおよびタブレットPCにおいて、その使用および継続的なセキュリティアップデートやアフターサービスが影響を受けることはない。日本の消費者の皆様は安心してご購入、使用してほしい」

「ファーウェイはユーザーの皆様のためにより優れたサービスを提供できるよう、安全で持続的な発展が可能なソフトウェアエコシステムの構築に力を注いでいく」

engadget
▲SIMフリーの新スマートフォン「HUAWEI P30」および「HUAWEI P30 lite」を発表する呉波氏。なお「HUAWEI P30 Pro」はNTTドコモ専売となる予定
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: business, huawei, mobile
0シェア
FacebookTwitter