Googleマップや検索、アシスタントから出前の注文が可能に。いまのところ米国のみ

別アプリを使う必要はありません

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2019年05月24日, 午後 04:30 in services
0シェア
FacebookTwitter
Google food order
Googleは5月23日(現地時間)、Google検索やマップ、Googleアシスタントから食べ物の注文が可能になったと発表しました。

DoorDash、Postmates、Delivery.com、Slice、ChowNow、Zupplerといったデリバリーサービス経由で出前の注文を行えます。

Googleマップと検索では、注文可能なレストランに「Order Online」が表示され、そこから注文が可能。メニューやデリバリーサービス、配達時間などを選び、支払いはGoogle Playで行います。

Googleアシスタントの場合は、「OK Google、<レストラン>で注文して」といった感じで注文します。メニューはスマートフォンの画面から選択。「<レストラン>で再注文して」で注文履歴が表示されるので、そこから選ぶこともできます。

残念ながら、いまのところ利用できるのは米国のみ。日本でもフードデリバリーサービスはいくつかあるので、それらと提携すれば実現できるのかもしれません。

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: delivery, food, food delivery, gogole, GogoleMap, googleassistant, services
0シェア
FacebookTwitter