ALFRED PASIEKA/SCIENCE PHOTO LIBRARY via Getty Images
量子コンピューターはその概念と同様にプログラミングも非常に難解な作業になる可能性があります。マイクロソフトはその手助けをしたいと考え、量子コンピュータープログラミング用のオンラインカリキュラム構築のためにAlphabet XおよびBrilliantと提携しています。

このカリキュラムは、量子コンピューターに関する基本的な概念を学ぶとともに、ホスト言語としてPythonを使用したQ#プログラミング演習によって、比較的簡単な量子コンピューター用アルゴリズムの書き方を学ぶことができます。Brilliantが提供する回路シミュレーターはブラウザー上でドラッグアンドドロップで操作することができ、量子回路のパズルを解きつつ、適宜量子状態を確認しながら、量子コンピューターを実行する操作を実感できるようにしています。

microsoft / Brilliant

このカリキュラムは全体で16~24時間ほどのコースになっており、最初の2つの章を期間限定ながら無料で提供しています。もしいまのうちに、開発が加速しつつあるた量子コンピューターのプログラミングを学んでみたいと思ったなら、まずはお試しからでもコースを学んでみると良いかもしれません。