Amazon、「Echo Show 5」を9980円で販売開始。小型で安価、ディスプレイ付きスマートスピーカーへのシフトが加速か

プライバシー保護もアップデート

田沢梓門
田沢梓門, @samebbq
2019年05月30日, 午前 10:10 in echo
0シェア
FacebookTwitter
Engadget
Amazonは5月29日からディスプレイ付きスマートスピーカー「Echo Show 5」の予約販売を開始しました。価格は税込み9980円で6月26日の出荷が予定されています。


Echo Show 5は、AIアシスタントAlexa搭載のスマートスピーカー。5.5型モニターと1MPカメラ、1.65インチ4Wスピーカーを搭載するのが特徴です。Alexaに話しかけることで対応スキルの動画再生やニュースの読み上げ、料理レシピの表示などが可能となっています。

また、時間帯のシーンに応じた定型アクションの設定もできるようになりました。たとえば、就寝前にAlexaに話しかけるだけで連携しているベッドルームのライトを消して、リラクゼーション用の楽曲を再生するなど。



Engadget
▲カラバリはサンドストーンとチャコールがラインアップ

Engadget

スマートスピーカーは、実生活で活用すればするほど沢山の個人情報をデバイスに預けることになりますが、Echo Show 5ではプライバシー設定機能がアップデートされています。マイクとカメラを同時にオフにできるボタンと、オーディオやビデオがクラウドに接続しているかを確認できるインジケータを搭載。

カメラにはスライド式のカバーがあるので、物理的にプライバシーを保護できます。さらに「アレクサ、今日しゃべったこと を全部削除して」「アレクサ、最後の録音を消して」といった記録の削除機能も新たに搭載されるそうです。

Engadget


スペックだけ見れば、カメラやオーディオ機能は既に発売されている「Echo Show」(税込み2万7980円)に劣っています。しかし、Echo Showユーザーにとってはサブ機として、ディスプレイ付きスマートスピーカー未体験の人にはお試しとして気軽に購入できるコンパクトさと価格帯が憎らしい♡

Echo Show 5の登場をきっかけにスマートスピーカーからスマートディスプレイへのシフトが加速しそうです。


 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: alexa, amazon, echo, echo show, smartspeaker
0シェア
FacebookTwitter