HP、VR向け「背負いPC」新モデル発表 起動中もバッテリー交換可

ダウンタイムなし

塚本直樹(Naoki Tsukamoto)
塚本直樹(Naoki Tsukamoto), @tsukamoto_naoki
2019年05月31日, 午後 12:30 in hp
0シェア
FacebookTwitter
HP VR Backpack

HP(ヒューレット・パッカード)は新型の背負うVR向けPCこと「VR Backpack」を発表しました。VRヘッドセットのケーブルをできるだけ短くすることで、より没入感のある体験が可能になります。

HPは2017年にもVR Backpackを発表しています。そして今モデルでは、第8世代CoreプロセッサとGeForce RTX2080を搭載。前モデルから30%の性能向上と25%のグラフィックス性能の向上をはたしています。本体にはUSB Type-C(Thunderbolt)、2つのUSB 3.0ポート、HMD電源ポート、そしてヘッドホンとマイクの複合ポートが搭載されています。

さらに、バッテリーはシステムを稼働したまま交換できるホットスワップに対応。再充電や電源を落とすことなく、PCを使い続けることができます。また、本体のバックパックパーツを取り外し、ドックに設置することで通常のデスクトップPCとしても利用できます。

なお、VR Backpackの価格は3300ドル(約36万円)となかなか高価。製品は今夏に発売予定です。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: hp, vr
0シェア
FacebookTwitter